ウェブサイトを顧客に提案する場合、今までエクセルでモックアップ(ワイヤーフレーム)を作って提案していたのですが、世の中にはちゃんとその目的で作られたアプリケーションがあるようで。

いろいろと探してみたところ、下記のアプリケーションにたどり着きました。

Balsamiq Mockups

http://www.balsamiq.com/

特徴としては下記の通り。

  • Airアプリなので、WindowsでもMacでも動作する(AdobeのAirが動作すればOK)
  • 手書き風のコミカルな画像なので親しみやすい
  • インターフェースは英語だが日本語も問題無く利用可能(システムフォントが利用できる)
  • iPodやiPhoneのモックもあるので、iOS用のアプリ開発にも利用できる
  • 価格が安い(79ドル)

ダウンロードしてから7日間は評価期間なので、是非利用してみてください。

Photoshopのアクションを使って、画像の外側から任意のピクセルを削除する方法を紹介します。大量の画像の外側に1pxだけ枠線が入っていて、それを削除する場合にとても役に立ちます。

普通にカンバスサイズの変更をアクションとして記録すれば良いように思えますが、それをやってしまうと変更後のカンバスサイズが固定になってしまい、画像のサイズが違う場合に対応ができません。

サイズの違う画像に対しても、正しく外側から指定したピクセルを削除するには、カンバスサイズの変更のオプションにある「相対」にチェックを入れます。ここで、幅と高さに削りたいピクセル数を「マイナス値」で入力することで、画像をそのピクセル数だけ外側から削除することができます。

これをアクションとして記録すれば、画像のサイズが変わった場合でも正しく機能するようになります。